資料請求オープンキャンパス・イベントお問い合せアクセス

学科長・教員ご挨拶

学科長挨拶

作業療法士は生活が思うように行えなくなった方々を対象としてますが、一人一人の生活は様々であり、その人がしたいことや役割を支援する仕事です。
そこにやりがいを感じることができる職業であり、人との繋がりを感じられると思います。出会いや繋がりを通じて、自身も成長できるとおもいます。ぜひ、同じ志を持つセラピストを一緒に目指しましょう。

作業療法学科 学科長
濵藤 先生

教員挨拶


作業療法学科専任教員
中野 先生

教員になろうとした動機
公立中学校の教諭として社会人をスタートしましたが、人生は思わぬ方向に進むものです。教育から医療の道に誘(いざな)われ、40歳を目前に作業療法士になりました。学ぶ楽しさを感じ、教育心理学2年、作業療法学科3年、解剖学4年、合計9年間、 “社会人であり、学生でもあり”という日々を過ごしました。そして再び、教育の道に戻り、邁進しています。
学生へのメッセージ
人生、何かを始めるのに、遅すぎることはないと思います。思い立った時がベストタイミングなのです。きっと!


作業療法学科専任教員
塚本 先生

教員になろうとした動機
現場に長く携わってきましたが、ひょんなことから知人のPTに誘われました。学生さんに教えることの重大さに気付かないまま流れ着きました。さてこの出会いの採点はいかがでしょうか?
学生へのメッセージ
貴方にしかできない、自分らしい作業療法士を目指してください。


作業療法学科専任教員
滝川 先生

教員になろうとした動機
病院やリハビリセンターで、小児から成人までの作業療法に従事して参りました。大学での非常勤講師を経て、当校での専任教員として勤務しております。
学生へのメッセージ
専門的な知識の習得や測定などの具体的な実習を通して、作業療法を求めるクライアントのために一緒に学びましょう。


作業療法学科専任教員
嶋田 先生

教員になろうとした動機
卒業後も母校であるこの学校の先生方にお世話になってきました。知識や技術だけでなく精神的な面でも相談になってもらい、臨床を続けてきました。 「学生が在学中も卒業後も親身になって関わる」という学校の方針に強く共感し、教員になりました。
学生へのメッセージ
人との出会い、知識との出会い、すべての出会いを大切に。共に学びともに成長していきましょう。


作業療法学科専任教員
門原 先生

教員になろうとした動機
本校で学び卒業後は、精神科医療に従事しておりました。その際、作業がもたらす治療効果の大きさに感銘を受けました。この気持ちと精神科作業療法の効果を更に学んで、作業療法士を目指す学生にも伝えたいと思い教員になることを選択いたしました。
学生へのメッセージ
治療の対象となる方は、性や年齢、生活歴など一様ではなく、必要とされていることは多種多様です。誰でも可能性は無限大!!知識と技術を学び、自分らしく生活できる喜びを分かちあいましょう。

学科長挨拶

『学生の皆さんには理学療法士に必要な知識や技術の習得は勿論ですが、サポートしてくれる方々へ常に感謝の気持ちを持ち、社会人として自立できる人間力を構築していけるよう精進して頂きたいと思います。4年間で色々な経験を積み、自分の可能性を広げてください』

理学療法学科 学科長
村上 先生

教員挨拶


理学療法学科専任教員
伊吹 先生

教員になろうとした動機
夜間部1期生として卒業し、脳卒中専門病院に勤務しました。その後オーストラリア留学しスポーツにも関わることができました、これまでの経験が少しでも役立てればと思い教員になりました。
学生へのメッセージ
出会う人、全てに感謝!
日々精進!切磋琢磨!
お互いに学び合いながら頑張りましょう!!


理学療法学科専任教員
久保田 先生

教員になろうとした動機
急性期病院に勤務し、あらゆる分野のリハビリに携わりました。そこでけがをしたスポーツ選手を見て、スポーツ復帰に向けたアスレティックリハビリテーションに興味を持ち、アスレティックトレーナーの資格を取りました。臨床現場で学び、経験したことが地元の福山で生かせればと思い入職しました。
学生へのメッセージ
身体だけでなく、心にも寄り添える理学療法士を目指して、一緒に学びましょう。


理学療法学科専任教員
古志 先生

教員になろうとした動機
手術直後の急性期から、ご自宅で生活をされている在宅期の通所や訪問リハまで、理学療法士として幅広く経験を重ねてきました。これまでの経験を少しでもお伝えすることができればと思い教員になりました。
学生へのメッセージ
少しずつでも継続し、諦めず体験し続けることが大切です。一足飛びにはなかなかいきませんが諦めたら終わり!ひとつひとつクリアしていきましょう。


理学療法学科専任教員
岩崎 先生

教員になろうとした動機
広島市の専門学校を卒業し、回復期リハビリテーション病院に勤務しました。在宅へ退院するために身体機能のみでなく、生活環境の大切さを実感し、様々な知識が必要であることを学ぶことができました。そのことを学生の方々に還元できればと思い、教員になりました。
学生へのメッセージ
医療は日進月歩です。日々の努力が患者様の笑顔に繋がります。一緒に学びましょう!!


理学療法学科専任教員
三吉 先生

教員になろうとした動機
診療所・介護老人保健施設で勤務していました。学生時代にお世話になった恩師のようになりたいと思い教員になりました。
学生へのメッセージ
好奇心旺盛・不撓不屈
何事にも興味を持って取り組み、途中で投げ出さず最後まで!4年間一緒に頑張りましょう!


理学療法学科専任教員
稙田 先生

教員になろうとした動機
昼間部3期生として卒業し、その後総合病院で勤務していました。高校生の時に理学療法士と高校教員で進路を悩んだ結果、理学療法士の免許を取得しましたが、教職もしたい気持ちもあったため2つの夢が叶えられる縁のあった本校に就職しました。

学生へのメッセージ
日々を楽しく!


理学療法学科専任教員
江口 先生

教員になろうとした動機
夜間部1期生として卒業し、整形外科病院の入院・外来・訪問リハビリ等で臨床経験を積んできました。学んできた経験を少しでも学生に伝えられたらと思い、教員となりました。
学生へのメッセージ
理学療法士にとって必要となる知識・技術だけでなく、社会性や協調性・人を思いやる気持ちを身につけることで、患者さまから選ばれる、必要とされる理学療法士になれるよう多くのことを学びながら共に成長していきましょう。


理学療法学科専任教員
今野 先生

教員になろうとした動機
前職はリハビリテーション病院に勤務していました。平成20年より本校に勤務しています。
学生へのメッセージ
初心を忘れずに、4年間頑張っていきましょう。

学科長挨拶

自分一人の力で助けられる数はほんのごく僅かです。ここで3年間、社会性や人を助けるための知識・技術を身につけ、
国家試験に合格することはもちろん、夢を実現できるように私達は全力でサポートしていきます。
一緒に頑張っていきましょう。

救急救命学科 学科長
岸 先生

教員挨拶


救急救命学科専任教員
曽田 先生

教員になろうとした動機
以前は地元の消防署勤務していましたが,救急救命士を希望する学生の力添えができればと思い転職を決断しました。
学生へのメッセージ
一度の人生に悔いがないよう、共に目標に向かって頑張りましょう。


救急救命学科専任教員
竹本 先生 

教員になろうとした動機
前職は消防の救急救命士でした。前職でも後輩や部下に救急の指導を行っていましたが、その経験を生かして未来の救急救命士を育ててみたいと思ったからです。
学生へのメッセージ
私は学生時代の成績は振るいませんでしたが、消防に入った後には勉学に励み、いろいろな経験と共に技術や知識を習得してきました。やる気さえあれば結果は必ずついてくると信じています。国家試験合格を目指して一緒に頑張っていきましょう。


救急救命学科専任教員
伊達 先生

教員になろうとした動機
消防において救急隊員、救急救命士の指導・教育等を行ってきました。
この経験を活かしたいと思ったのが動機です。

学生へのメッセージ
皆さんの夢が実現できるよう全力でサポートします。
共に頑張っていきましょう。


救急救命学科専任教員
金本 先生

教員になろうとした動機
自分自身、各種資格試験を受験してきました。学生の皆さんの夢の実現に向けて、そこで培ったノウハウを提供していきたいと思っています。
学生へのメッセージ
ほとんどの皆さんにとって、最後の学生生活になると思います。ONとOFFをうまく切り替えて勉強と青春を楽しんでください。

学科長挨拶

当学科では、看護実践者になるための基礎的知識・技術・態度を学びます。
ナイチンゲールは、看護は「実践のアート」であると言っています。
看護基礎教育では、看護の対象者の人権と尊厳を守り、統合的に対象者を理解し、社会が求める看護を実践できる能力を身に付けます。そして、看護師国家試験に合格しライセンスを取得した後も生涯学習し続けて、人々の健康を護っていく職業人となります。
ここでの教育は、看護に必要な人との信頼関係を築くことを大切にしつつ、一人一人の学習ペースに合わせた指導を心がけています。出会いは一期一会です。まだ、若い学科ですが皆さんの若い自由な発想力と想像力で看護を創造していきましょう。
講義・演習・臨地実習を通して、看護を学ぶ楽しさを感じ、生涯学び続ける意味を実感していただけるよう、教員も共に学び成長していきます。

建学の精神にありますように「心・技・知」を合わせ持った医療人として、将来、地域社会に貢献している自分を描いて、3年間一緒に学んでいきましょう。


看護学科 学科長
薮田 先生

教員挨拶


看護学科専任教員
小野 先生

教員になろうとした動機
今の自分があるのは、今までに出会った多くの患者・家族の方からです。
看護師とは、「人」とはどうあるべきかを教えていただきました。
その教えを今度は看護学生さんに伝えたいと思ったのが動機です。

学生へのメッセージ
看護は専門職としての自覚と責任が必要ですが、やりがいがあります。
看護師という職業は、社会的な評価の高まりとともに、経済的にも自立できます。
それだけに日々の研鑽を積むことが求められます。
私の座右の銘は「教えることは学ぶこと」です。
看護師を目指す皆さんと、互いに学び合い、共に成長していきましょう。


看護学科専任教員
田中 先生

教員になろうとした動機
産休の代理実習指導者を経験したことが、学生との関わりのはじめでした。
看護を学ぼうとする学生の姿勢が新鮮であり、一緒に成長したいと考え、教育の道に入りました。
学生へのメッセージ
看護の対象である人間に関心を持ち、人間を理解努力をする人であって欲しいと思います。
受身でなく、主体的に学ぶ姿勢を大切に持ち続けて欲しいです。


看護学科専任教員
斎藤 先生

教員になろうとした動機
臨床経験を通じて、専門職としての看護師のすばらしさを感じられるようになりました。そして、現場教育での学びから看護基礎教育に携わりたいと考えました。これまでの経験を活かして、看護師を目指す人たちを支援したいと思います。
学生へのメッセージ
皆さんの学ぶ姿勢を大切に、それぞれに合わせた支援を行っていきたいと思います。一緒に頑張っていきましょう。


看護学科専任教員
藤堂 先生

教員になろうとした動機
子育てと夜勤で生活が慌ただしく、今後のことを考えていたところ私自身の看護の経験を
生かして、次世代に伝えていきたいと考えるようになり教員になりました。
学生へのメッセージ
皆さんが自分でも気付いていない力、まだ眠っている力を
看護師を目指すことで、発揮できるよう支援していきます。


看護学科専任教員
佐藤 先生

教員になろうとした動機
私が看護師になれたのは、看護学校時代の実習担当教員のおかげです。
その時までは教員に対して反抗心ばかりでしたが、私が悩んだ時の一緒に悩み、励まし、時には叱ってくださいました。
私の学生時代にしていただいたことを少しでも次の世代に伝えていければと思い、教員になろうと考えました。
学生へのメッセージ
私自身、たくさん悩み、迷いながら学生生活を過ごしました。
学生の時代に悩んだことは自分自身のステップアップとなり、患者さんへの「看護」に繋がっていきます。
たくさん悩み、たくさん迷って一緒に素敵な看護師を目指して頑張りましょう。


看護学科専任教員
谷本 先生

教員になろうとした動機
病院勤務をしていた際、対話して方向性を導くことによって実習生が数週間で急激に成長する姿に感動を覚えました。
学生へのメッセージ
看護は学んでいくうちに徐々に実感が沸き、自分がどうあるべきかを考えられるようになっていくのではないかと思います。その可能性を広げられるように、共に学び、一緒に成長していきたいと考えています。


看護学科専任教員
小笠原 先生

教員になろうとした動機
私は看護師という仕事に就けたことに誇りを持っています。
今まで病院や介護施設で勤務してきましたが、その経験を生かし、素敵な看護師を育てるお手伝いが
微力ながら出来たらと思い、教員になることを決意しました。
学生へのメッセージ
「本当にやりたいことかわからない」、「看護師になれるか自信がない」と思っている方もいると思いますが、
勉強すること、挑戦することは決して無駄にはなりません。
人として成長するために一緒に頑張りましょう。


看護学科専任教員
戒田 先生

教員になろうとした動機
まだまだ、現場では男性看護師が少ない現状ですが、私のような男性教員の存在があることで、今後男性看護師の増加に貢献できればいいなと思い、教員になりました。
学生へのメッセージ
小さなことからコツコツと!
今やっていることは、必ずきっといつか役に立ちます。
無駄なことは一つもありませんので、共に資格取得へ向けて頑張りましょう。


看護学科専任教員
石川 先生

教員になろうとした動機
病院や介護施設の経験を活かし、これからの高齢化社会へ適応できる看護師の育成に貢献したいと思い、教員になりました。
学生へのメッセージ
国家試験取得は簡単なことではありませんが、共に学び合い、資格取得に励みましょう!


看護学科専任教員
池田 先生

教員になろうとした動機
病院勤務をしながらスタッフ教育に携わる機会は多くありました。特に新人看護師が何度も壁に当たりながらも乗り越える姿をみて、その背中を押す存在になりたいと思うようになりました。そして、看護師を目指す教育の中で、彼らの自信や意欲につながるかかわりをしたいという想いに変わったからです。
学生へのメッセージ
3年間は本当にあっという間です。学校生活や臨地実習などで、積極的に人と関わり、また、いろんなことを経験する中で、“感じたこと”“気づいたこと”を大切にしていきましょう。


看護学科専任教員
藤原 先生

教員になろうとした動機
50代になってから、これまで自分の経験したことや得たことを看護師の後進育成のために役立てたいなと思っておりました。私の看護ビジョンの中で、いつか教育の分野に携わりたいというこだわりがありました。そして今、「看護教育に携わらないと」と思い立ち、先生になる決意をいたしました。
学生へのメッセージ
将来、活躍できる看護師になれるように一緒に頑張りましょう。
そのために全力でサポートいたします。


看護学科専任教員
白水 先生

教員になろうとした動機
長年、看護師として病棟勤務してきましたが、純粋に「看護」を学び、看護師を目指す学生に接するにつれ、微力ながらもっと教育に貢献したいと思うようになり、教員になりました。
学生へのメッセージ
はじめは誰でもわからないことだらけです。当然失敗もあります。
それでも人は、目標があれば成長できます。私たちと一緒に頑張りましょう。

福山医療専門学校とは

↑TOP