資料請求オープンキャンパス・イベントお問い合せアクセス

新着情報

『10 /17(日)に、オープンキャンパスを開催しました!』

お知らせ

作業療法学科 ~職業復帰に向けてのリハビリテーション~

社会人がケガや病気で休職した場合、作業療法士は職場復帰に向けたサポートを行います。

今回は万一、障害を負っても、残された能力を十分生かして仕事ができるように、

職場の方にもアプローチすることなど、その方の日常生活を支える役割もあることを

お話しさせていただきました。

実際に職業適性検査の体験もしていただき、どのような器具を使うのか、

働くにはどのような能力が必要であるのか、実際に触れながら感じていただきました。

皆さん、四苦八苦しながらも楽しんで体験していただけたと思います。

次回のテーマは「認知症の検査と体験」です。

 

 理学療法学科 ~ストレッチポールを体験~

最近は、うつむいた姿勢でスマホやパソコンを使用し続けて、が前に出てしまう人が

増えています。この状態は「スマホ首」と呼ばれ、首や肩のこり、頭が重いなどの

体の不調が起こります。

今回は、緊張してしまった筋肉をゆるめるためにストレッチポール』を使った

リラクゼーションを体験しました。

まずは、普段どのような姿勢になっているか、各自写真を撮って確認をしてもらいます。

頭が前に出ていたり、腰が反っていたり、姿勢はさまざまです。

自分の姿勢を確認した後、ストレッチポールにのって手を広げたり足を曲げたりと、

リラックスしてゆっくり動かしていきます。

運動を終えて、ストレッチポールから降りると、緊張していた筋肉がゆるみ、

マットに沈み込むような感覚を感じることができます。

最初の姿勢との違いを確認してもらうことで、変化した姿勢にびっくりしていました。

今回は普段の勉強で日々使っている筋肉をゆるめることができ、リラックスして

もらえたのではないでしょうか。

理学療法士は正しい姿勢を取り戻し、健康な体を作ることもサポートします。

 次回のテーマは「医療・介護ロボットの紹介」です。

 

救急救命学科 ~救急隊の搬送法を体験してみよう~

『救急隊の搬送法』の体験実習を行いました。

病気や症状の違いによる搬送器具の選び方や搬送方法、病気やケガをした方の

負担を最小限にする移動方法を体験してもらいました。

 

 参加された学生さんは、搬送法について興味深く学習されました。

次回のテーマは「体の状態を確認しましょう」です。

呼吸、脈拍、血圧、酸素飽和度、体温など人体の生命徴候について学びましょう。        

 

看護学科 ~赤ちゃんにミルクをあげよう!~

本日は15名の高校生が参加してくださいました。

今回の体験は、赤ちゃんのミルク作りや、赤ちゃんを抱っこしてミルクを

飲ませる体験をしました。

普段、体験できない赤ちゃんについて、人形を使って実際の方法を学ぶことができた

いう意見をもらいました。

また、在校生との交流では、勉強面など大変なことだけでなく、楽しいことも

たくさんあることが分かり、入学後の具体的なイメージがわきましたと言う意見も

いただきました。  

次回のテーマは『車いすに乗ってみよう!』です。

福山医療専門学校とは

↑TOP