資料請求オープンキャンパス・イベントお問い合せアクセス

新着情報

『7/31(日)に、オープンキャンパスを開催しました!』

お知らせ

作業療法学科 ~スイッチとコミュニケーションエイド~

 

コミュニケーションは、話すことや身振り手振りなど手段は様々です。

声を出すと自分の意思の奥深くまで相手に伝えることができます。

喉に麻痺があることなどで、真意を伝えられない障害者は数多く存在します。

 

発声ができないことで心が塞がれてしまうこともあります。

しかし、代替手段によってその問題はある程度解決できます。

作業療法士はそのお手伝いを担う仕事です。

まず、判断力や知的な側面など、その人なりの能力を把握することから始めます。

体に動かせる部分があれば、その機能を使って「スイッチ」の操作を覚えます。

眉間や親指、呼気などの動きがあれば、機器を扱うのは難しくありません。

    

当校の在校生とともに、多くの機器を操作する体験をしてもらいました。

最近では、早い段階から作業療法士を志す方が増えてきています。

今回のような、実際の作業療法場面に触れることが、期待の一助になっていただければ幸いです。

次回のテーマは「高次脳機能障害ってなに⁉」についてです。

 

理学療法学科 ~テーピング~

 

今回のオープンキャンパスは、「テーピング」でした。

スポーツの現場などで必要になる技術の1つが、このテーピングです。

様々な症状を緩和するための方法がありますが、今回は『肘のケガ』に対する

肘関節の固定を体験していただきました。

テーピングを巻く目的などを講義で説明し、いざ実践!

巻き方の手順などをスライドと口頭で説明した上で、実際に体験してもらいます。

テープを切る時に、少し失敗してしまうこともありましたが、皆さん上手に巻けていました。

初めての経験の方がほとんどでしたが、テープのしわも少なく、

肘関節の固定をしっかり行うことができました。

 

次回のオープンキャンパスは「筋力トレーニング」についてです。

是非、ご参加ください。

 

救急救命学科 ~目の前のhelp!あなたはどうする?~

 

7月31日のオープンキャンパスでは、「応急手当の基本を体験しましょう」をテーマに、

体験実習を行いました。参加者は、意識状態の悪い人に行う〈昏睡体位〉。

出血時の対応である〈止血法〉。アレルギー反応に対する緊急処置〈エピペンの使用法〉。のほか

溺水時の対応や熱傷時の対応などを中心に学生4名の指導により体験授業を受講されました。

次回のテーマは「救急救命士の救命処置を体験しましょう」です。

救急救命処置とは何か、それを行う理由と効果などについて勉強してみましょう。

 

看護学科 ~バイタルサインを測ってみよう~

 

参加者25名となり、コロナの影響で昨年の同時期と比べると少ないものの前回より6名増えました。

授業時間は残念ながら10分間短縮で30分間でした。

体験授業は、「フィジカルアセスメント」と題し、看護に必要な身体面の情報として、

血圧測定と脈拍測定、聴診についての知識と技術の授業を行いました。

血圧測定はまず、授業で習った技術をそのまま在校生が再現しました。

参加者にも体験してほしかったのですが、時間の都合で2名のみとなり残念でした。

聴診の体験では、聴診器の扱い方を学び、フィジカルアセスメントモデルの「フィジコ」で

高齢者の肺炎の所見を聴診してもらい、正常呼吸音との違いを聴き分けられていました。

在校生との交流会では、前回同様2グループに分かれてそれぞれに入学してからの学習方法や、

日々の生活について情報提供していました。

次回のテーマは「体位交換、ガーゼ交換をやってみよう!」です。

福山医療専門学校とは

↑TOP